こんにちは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

アナコンダLWSシリーズ・7フィートモデルに標準装備されている、

 

「アナコンダL.W.S. ブランクバッグ」

 

 

 

 

ラインを通したまま車載用ロッドキャリアー等へ積み込むと、

 

ラインが擦れたり、

 

ロッドブランク部と別のロッドのガイドが接触したりしますので。

 

ブランクバッグによって一本一本を保護すると、

 

手際よく車から引き抜けることなどトラブルが少なくなります。

 

 

盗難や車上荒らし防止にも一役かってくれることを願って、

 

ボディカラーは目立ちにくい単色ブラックにしてみました。

 

 

LWSシリーズの7フィートモデル専用ではありますが、

 

7.6フィートモデルの「AN-LWS76M」「AN-LWS76L」などにも使えます♪

 

 

(※こんな感じです。ラインも通しておけるので..シュッ!とフィールドへ向かえます。)

 

 

以前から「パーツとして別売予定はありますか?」とのお問い合わせもありまして、

 

オンラインショップでの販売用として準備しておりました。

 

 

商品名:「アナコンダL.W.S. ブランクバッグ」

 

全長:1720mm(バット部ネオプレーンベルト付き)

 

幅:先端40mm⇒バット50mm(内寸)

 

カラー:ブラック(ロゴ/ホワイト)

 

小売価格:2200円(税別)

 

 

今期の雷魚イベント特典として、

 

店頭でも少し販売してみたいと思います。

 

 

すでにお待ちかねの皆様へ、

 

よろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

 

 

こんにちは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

今日はホントにポカポカです♪

 

外に出掛ける時には、

 

日焼け対策もぼちぼち準備が必要でしょうか。

 

 

 

 

新しいキャップも、

 

良い感じで進んでおります。

 

 

 

 

いつもお世話になっているK様から、

 

すてきな春らしい「おデザート」が届きました。

 

感謝申し上げます。m(_ _)m

 

 

いや〜ホンマに。

 

春は、いいですね〜♪(^^)

 

 

 

こんばんは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

一昨日、一本の電話が..

 

「入荷しましたので、よろしくお願いします。」

 

最近気になっていた本が、

 

既に絶版になっていたみたいで。

 

 

探しまくって最後の最後に、

 

ダメもとで全国チェーンの書店に在庫を探してもらっていました。

 

 

 

 

たまたま一冊だけ有ったみたいです。

 

備後でございます♪(^^)v

 

 

 

 

こんにちは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

暖かくなってくると、

 

海もざわざわしてきたみたいです!

 

 

 

 

「コアッ!Vol.33 基本に戻ったゲームをパワーブレードで!!

http://www.apstv.net/coa/coa33.html

 

 

今回は泉さんとマスオくんの強烈ツートップ。

 

冬の神戸港で、

 

冬〜早春のデイゲームの基本に沿ったパワーブレードの使い方を、

 

楽しく紹介されています♪

 

 

 

 

なんて、

 

マスオくんにツッコミ入れていたり。

 

 

 

 

ガッポリ丸呑みくんが現れたり。

 

見どころ満載でございます!

 

 

風や潮流などのフィールド状況から

 

「どう攻めていくのか?」

 

考えて実践してまた考えていく。

 

 

釣れるときも釣れないときも、

 

次の一手を考え進めていくのがルアーフィッシングの醍醐味でしょうか。

 

 

次の釣行へ、

 

どきどきする気持ちがまた、高まってきました。(^^)

 

 

こんばんは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

今朝、通勤電車の中で

 

声に出さずに唸りながら観戦しました、

 

「第47回 2017バスマスタークラシック」

https://www.bassmaster.com/

 

 

 

 

とんでもない結末が待っていました!

 

初日52人中37位だった、

 

若干25歳のジョーダン・リー選手。

 

 

 

 

昨シーズンはツアー本戦で、

 

ベテラン選手の試合巧者ぶりを目の当たりにして、

 

何度も惜しい試合を逃していましたが..

 

 

 

 

二日目15位からの最終日、

 

大逆転ビッグバッグをウェイイン!!

 

 

 

 

今回は倍返し!どころではない

 

見事な大大大逆転劇でした♪

 

 

B.A.S.S.ネイションから参戦した選手も、

 

チャンピオンシップサンデー上位25名に入り、

 

すばらしい活躍でしたねー。

 

 

 

 

 

 

初日、二日目と

 

首位をキープしたブレント・エーラー選手。

 

 

 

 

シャローカバーへタイプ別のノーシンカーワームを使い、

 

最終日も非常に丁寧でリズミカルなピッチングを貫き通しました。

 

 

 

 

<一匹の重さ>を伝えてくれるように、

 

一匹釣るたびに本当に丁寧にノットを結び直しているシーンがとても印象的でした。

 

 

夢や希望があり、

 

 

 

 

そして多くのアングラーが

 

興奮と感動を共有できるバスフィッシング。

 

 

 

 

また一年後、

 

次は誰が夢を掴むのでしょうか?

 

今から楽しみで仕方ありません。(^^)

 

 

今回も多くの参加選手が、

 

日本で生まれたメソッドやタックルを使っていました。

 

 

近い将来、日本で生まれたタックルとメソッドを用いた日本のアングラーが、

 

大森貴洋さんに続いてクラシックを制覇する日がきっと来ると信じています♪

 

 

 

 

追伸:大森貴洋選手へ

 

クラシック、お疲れ様でした!また次回も是非応援させてくださいませ♪

 

 

 

 

こんにちは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

さぁ〜〜〜、一年前から待ちました待ちました。

 

やぁ〜〜っとやって来てくれました!

 

名実共に世界一を決める世界最大級のバストーナメント

 

「第47回 B.A.S.S.バスマスタークラシック2017」が本日より開催されますね〜♪

 

 

 

 

今回の会場は、テキサス州レイク・コンロ―。

 

B.A.S.S.のHPには会場のレイクマップが紹介されています。

 

水深や建物も細かく表示されていて、

 

拡大縮小も自由に選択出来るのがスバラシイです。

 

 

https://www.bassmaster.com/lake-conroe-map

 

 

その気になれば、

 

このマップで何日でも妄想フィッシングが可能ですね〜。笑

 

 

そして、出場選手52名が紹介されています。

 

 

https://www.bassmaster.com/slideshow/whos-2017-geico-bassmaster-classic

 

 

誰が何処で、

 

どんなルアー&メソッドで、

 

どのような戦略でクラシックを制するのでしょうか?

 

 

上位入賞の可能性がヒジョ〜に高いと思われる、

 

三名の選手をピックアップしてみました。

 

 

 

 

バスマスタークラシック史上、

 

唯一の外国人ウイナー「日本の大森貴洋(おおもり たかひろ)」さん。

 

テキサス州在住いわば地元でのクラシックで二度目の制覇を狙っていると思います。

 

是非、激しく応援したいデス!

 

 

 

 

 

今回、最もヤバそう〜なのが彼ではないでしょうか。

 

2011年と2013年に同湖で行われたトーナメントで優勝しています。

 

ディープウォーターを的確に攻めるクランクとキャロライナリグで

 

どえらいウエイトを狙っているような気がします。

 

 

そして、もう一人..

 

 

 

 

昨秋同湖で行われたB.A.S.S.ネイションチャンピオンシップにおいて、

 

鬼の様なプラクティスによって、

 

ノンボーターから優勝を決めた努力の人。

(※昨年、バスオブジャパン代表選手である石川さんのノンボーターさんですよ〜!!)

 

彼なら1994年優勝したブライアン・カーシャル以来の

 

フェデレーションからのミラクルを起こせるかも♪

 

 

他にも恐ろしい〜位に強い方々が名前を連ねています。

 

Brett Hite、Hank Cherry、Jason Christie、Aaron Martens、Ott Defoe、KVD、Skeet Reese、Gerald Swindle、Mike Iaconelli、Brandon Palaniuk..

 

全く誰が優勝するのかわかりません。

 

優勝しか狙わないクラシックだからこそ、

 

本当にそのアングラーの個性がぶつかり合います!

 

 

インターネットってすごいですね〜。

 

本日から日本時間の3月24日(金)〜26日(日)/27日(月)の早朝まで、

 

その凄まじい戦いぶりが三日間ライブ配信される予定です。

https://www.bassmaster.com/video/bassmaster-classic-live-2017

 

毎日二回に分かれています。

<1回目 21:00〜0:00><2回目 01:30〜04:30>

 

 

そして更に、

 

ウェイインもライブ配信が行われる予定です。

https://www.bassmaster.com/video/bassmaster-classic-weigh-2017

 

こちらは毎日一回となってます。

<05:15〜終了まで>

 

 

バスアングラーの皆さん、

 

競技会に参加しているあらゆるジャンルの釣り人の皆さん、

 

なんとな〜く釣りが好きな皆さんも。

 

 

優勝に至る本当のストーリーを味わうには、

 

是非ともライブで毎日観戦してもらいたいです。

 

 

どっかぁ〜〜〜んという、

 

 

 

 

あのスゴイ瞬間を、

 

ご覧いただき感じていただきたいですね〜。

 

 

さぁ、もうすぐ。

 

ワクワクどきどきでございます〜♪(^^)