こんばんは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

新年イッパツめのユーザーズリポートが、

 

海外から届きました♪

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

新年あけましておめでとうございます。

 

昨年末に釣り納めにタイへ行って来ました。

年々渋くなっているタイの釣り堀ですが、今回もピラルクが釣れてくれました。

 

 

(※魚に負担が少なく大切に扱う為に使われているのは、超大型の担架型ネットですね。キャッチアンドリリースを前提とするゲームフィッシングではフィールドや対象魚の特徴に合わせて、様々なランディングツール&メソッドが存在しています♪)

 

 

タックルセッティングは前回同様「アナコンダLWS-76L(ライト)」です。

30kg超の魚を3分弱でランディングし、魚に過度な負担を掛けずにリリースすることが出来ました。

 

嫁は体調不良の中、レッドテールと格闘し体力を使い果たした様で。

 

 

 

 

集中力が続かず今回はピラルクキャッチとは行きませんでした(何本かは掛けていたのですが・・・)

ただ、念願のアリゲーターガーをキャッチしてこの笑顔です!

 

 

 

 

 

 

後はお約束のチャドー、バラマンディを釣って2016年の釣り納めとなりました。

 

今回のバラ最大魚は嫁の10kgオーバー!

 

 

 

 

2016年も振り返ると、釣行回数こそ少ないですが充実した釣りが出来たと思います。

 

今年もトルコからの釣旅を行うことになりそうですが、引き続き宜しくお願い致します。

 

<タックル>

ロッド:アナコンダLWS-76L(ライト)

リール:タトゥーラHDカスタム

ライン:PE6号、ナイロンリーダー60lbs

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

いつもながら、

 

奥様の釣果がホンマにすごいですね〜♪

 

 

(※最も難しいランディング寸前で、慌てていないこの余裕がステキ〜♪魚が暴れても対処できるカーブをキープしていますね。同行者にランディングをサポートしていただくのも、思い出が共有出来ていいかもしれませんデス。)

 

 

新井さんの本気ぶりが画像にもちょっと写っていたり(笑)

 

ホントにお二人とも良く釣らはります。

 

年明け早々の景気の良いリポート、

 

ありがとうございました!

 

 

昨年来トルコは緊張状態が続いていますので、

 

今年も気をつけてお過ごしくださいませ。m(_ _)m

 

 

 

 

こんにちは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

週末はとてもいい〜天気でした!

 

お出掛けされた方も多いでしょうね〜。

 

終盤を迎えた雷魚フィッシング、

 

素敵なリポートが届きました♪

 

 

・・・・・・・・・・・・

 

最近すっかり朝晩が涼しくなり秋を感じる中、

 

「今シーズンも終盤だなぁ」っと思いつつ釣行に出かけてきました。


最近は釣行時に雨という負のスパイラルに悩まさせつつもフィールドの魚たちは元気に活動していました。

 

わずかな晴れ間に、素敵な出会い♪

 

 

 

 

繊細なティップがフロッグに細かいアクションを生み出してくれ、


「バフッ!」っとバイトがあった後のフッキングは強靭なバットで確実にフッキング、


秋のヒシ藻の中でもロッド全体のパワーで無理なく寄せることができました。

 

 

 


水面下にしっかりと茎が残ってるフィールドコンディションで、

 

「アナコンダLWS 70H」が威力を発揮してくれました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

素晴らしい〜魚体ですね、

 

Bさん、おめでとうございます〜♪

 

この釣行ならば、納竿してもいい気がしますがぁ。笑

 

 

でも、暖かい日ならば、

 

まだまだ活発に捕食活動をしている魚もいる季節。

 

来シーズンまで会えないので、

 

ロッを仕舞うのはもう少し先になりそう?でしょうか。(^^)

 

こんにちは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

10月でございます。

 

昔はよく「体育の日まで」なんて決めながら、

 

雷魚釣りを楽しみました。

 

ラストチャンスにかけるアングラーからのリポートです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・

 

 

秋に似合わない、

 

夏日の午後にちょっとお出掛け。

 

 

 

 

タンク・コヨーテのピンクバックと、

 

「アナコンダ AN-LWS70M(プロト)」の大好物コンボ。

 

未だ根がきっちりと張っているフィールドでも、

 

マイペースで楽しめました!(^^)

 

 

 

 

枯れかけたヒシ藻をわずかに揺らして後方待機。

 

気持ちよく出てくれた、いいさかな♪

 

 

これで、今シーズンは..

 

もう一回行く事になりそうです♪

 

 

・・・・・・・・・・・・・

 

 

ええライギョですね〜。

 

通うアングラーには、やっぱし!チャンスが巡って来るみたいですね。

 

 

そして、そのチャンスを確実にものにする力こそが、

 

本当の腕の見せ所!

 

 

師匠、サスガでございます〜(^^)v

 

 

 

 

こんにちは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

さぁ、今回は。

 

とても羨ましい〜リポートが届きました♪

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

いつも大変お世話になります

 

ピラルク、バラマンディに続く、海外第三弾

ABUの故郷スウェーデンでのパイクフィッシングです!

この時期はシャローエリアでの釣りで、リリーパッドゲームが出来ると聞いて

強行日程ですが、二日の日程で行って来ました。

 

ボートで広大な湖をランガンするスタイルですが、今回もアナコンダLWS76Lがメインロッドです。

ワンピースですが、水道管を上手く加工すると203cm以内にする事ができ、超過料金無しで荷物預けが出来ます。

(※全ての航空会社、路線がOKとは限りませんので各自確認をお願いします)

 

先ずは、S字系のジャークベイトで嫁がファーストパイクを手にします。

 

 

 

 

 

 

 

 

私もジャークベイト、スイムベイトで何本かのパイクをキャッチすることが出来ましたが、何か違います..。

 

晴れのち曇りで午後は少し風が吹いていたので、風裏になるワンドに入りジャークベイトの釣りをしていましたが

ワンドの出口に来たときパラ葦の奥で水柱が上がったのが見えました。

 

 

 

 

迷わず、アナコンダJrに付替え、アシの奥へキャスト!ツーアクション目で予定通りのバイト!

ガイドがワォと立ち上がるほどのアタックでフックアップも決まったと思いましたが、

最後のアシを抜けるところで外れてしまいました。

この後はアシとリリーパッドエリアをボートを流しながらアシ際を撃って行きます。

ここでもLWSのアキュラシーが威力を発揮します。

アシ際にキャストが決まりパイクが飛び出す!!

ガイドもビックリするほどバイトが出ますが残念ながら1日目はフロッグでパイクをキャッチすることは出来ませんでした。

 

2日目は曇り時々雨のあいにくの天気になってしまいました。

雨でリリーパッドに魚は入ってないかと思いましたが、ガイドは朝からリリーパッドエリアへ行く(笑)と言って

前日より広いリリーパッドエリアへ連れてきてくれました。

不安をよそにフロッグへのバイトは2日目も続きます。

 

反応が良すぎて飛びつきバイトや横からのアタックでフックアップしてもバレてしまうのですが

ジャンプして全身を出してフロッグに襲い掛かるので非常に楽しいのです。

そんな中、嫁は横喰い対策でコヨーテをチョイスし、フロッグでのファーストパイクをキャッチします。

 

 

 

 

(※歯が鋭く危険なので、ワイヤーリーダーやフィッシユグリップ、ランディングネット等を使用されていたようです。)

 

 

そして、私も横喰い対策で追い喰いさせて念願のフロッグでのパイクをキャッチすることが出来ました。

 

 

 

 

専用タックルで喰わせのコツを掴むことで十分フロッグゲームが成立しメインのパターンとして通用することがわかり、自分のやりたい釣りを展開することができ楽しい釣行となりました。

 

 

(※このカーブをキープしてもらえると、ライトカバーならバラシが少ないですね♪さすがです。)

 

 

(※美女と大魚♪北欧チックなウェアもこれまたステキですね〜。)

 

 

(やばっ、モンスターパイク〜!!!)

 

 

パイクのフロッグゲーム!ライギョ好きにはたまらないゲームだと思いますので、チャンスがあれば

皆さんも是非チャレンジしてみて下さい!

 

ロッド:アナコンダLWS76L

リール:タトゥーラHD

ライン:PE6

ルアー:アナコンダ、アナコンダJr、コヨーテ、バスタージャーク、スイムベイト、スピナーベイト、バズベイト等

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

いつも仲良く釣行されている、新井さんご夫妻。

 

パイクフィッシングというとガイドさん選んだルアーで釣る..そんなイメージがありましたが。

 

フロッグゲームの可能性を思い描いて、夢を現実のものとされましたね〜。

 

お見事〜!すてき過ぎでございます♪

 

 

「ルアーフィッシングは何よりイメージが大切」

 

という事を実践され楽しく伝えてくださるお二方に、

 

心から感謝申し上げます。

 

 

僕もカエルを持って、嫁さんと行ってみたいデス〜(^^)

 

 

 

こんにちは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

むむむ、何やら皆さんから..

 

シアワセリポート連発で届いております〜♪

 

 

・・・・・・・・・・・・

 

 

いつもお世話になってます。

 

暑さで魚だけではなく、人間の方も厳しい状況ですが。

 

本日(18日)、仕事の前に僅かな時間でしたがバースデーフィッシングへ出掛けました(^^

 

 

小規模エリアで菱の薄い所やポケットでは反応が無い中で、

 

微かに菱の動き?があったような気がしました。

 

静かにアプローチしてワンアクション、

 

激しく重低音を響かせながらコヨーテを引き込んでくれました!!

 

 

 

 

時間が無いのでこの1本だけでしたが

 

藻ダルマになりながら激しいヘッドシェイクに対応してくれた70Hのおかげで、

 

凄く楽しかったです♪

 

 

 

 

 

 

涼しくなってくれれば良くなると信じて頑張ります(#^.^#)

 

 

使用ロッド:AN-LWS70H 

使用フロッグ:タンク・コヨーテ

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

いい魚が続いていますね〜!!

 

ワンチャンスを楽しむ、これでしょうか〜♪

 

 

ヤマモトさん、いつもありがとうございます。

 

カッコイイ〜大人の雷魚フィッシングのお役に立てて、

 

ハッピー!バーズデーです〜。(^^)v

 

 

 

こんにちは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

暑いアツい熱い毎日なんですが〜。

 

もっとあついアングラー様から、

 

連日のリポートいただきました♪

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

アナコンダL.W.S.70Hを使い倒して


少しでも思い通りに使いこなせるように特訓♪

 

比較的軽量チューンのフロッグ(16g〜19g)ばかり使用していますが、


”H(ヘビー)”という割にティップにフロッグの重量を乗せ易いので

 

狙い通りのキャスティングが出来る!!

 

 

 


そこに7ftというレンクス! これがとても扱い易く♪


足元で暴れられても<ロッド操作>でバラシが軽減できます(^o^)b

 

L.W.S.76Lはロッドアクション(ティップ〜ベリーの柔軟性)で


バラシが軽減出来る感じでしょうか!?

 

ロッド毎の扱い方は多少変わってくるものの


操作性・フィーリングがとても似ているので


1日の釣行でフィールド毎等にロッドを持ち替えても

 

ほとんど違和感無く使うことが出来ますネ☆

 

 

 


これからシーズンが終了するまで〜。

 

アナコンダ ”L” & ”M” & ”H” それぞれを(-_☆)


もっともっと使い倒して、雷魚釣りを楽しみたいと思います♪♪


ROD / ANACONDA L.W.S. Light Weight Shooter "H" AN-LWS70H
FROG / TANK.COYOTE Jr , TANK.FOX

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

長年雷魚フィッシングを楽しまれているキッシーさん。

 

今年のこの猛暑でも、きっちりマイペースでいい釣りされています♪

 

 

「アナコンダ AN-LWS70H」は中〜大型フロッグ用というイメージもありますが、

 

確かに軽めのフロッグを「シャープ」に振り抜くのにもいいロッドデス!

 

 

使えるフロッグのタイプ&ウェイトの自由度が高い、

 

という点も好評価を得ている理由のひとつですね。

 

 

お盆も明けて、いよいよ秋に向かいます。

 

気がついたら..ヒシもトロトロしてくるはずなので。

 

今シーズンも後半戦、

 

もうひと頑張り出掛けましょう♪(^^)