こんばんは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

今週月曜日、アメリカフロリダ州にて。

 

B.A.S.S.エリートシリーズ最高齢優勝記録をご自身で塗り替えた、

 

宇宙からやって来たといわれるエージレス伝説アングラー

 

 

※画像はB.A.S.S.HPより⇒https://www.bassmaster.com/

 

 

B.A.S.S.通算16勝目のリック・クランさん。

 

72歳で本戦四日間を戦い抜き、

 

プラクティスそしてトレーラーを牽引しての移動もこなす超人ぶりに、

 

ただただ驚き尊敬するばかりです。

 

 

大会会場となったフロリダ州セントジョーンズリバーはビッグフィッシュで有名な場所ですが、

 

それにしても最終日に5本で34ポンド14オンス(約15.81kg)で7人抜き逆転優勝はかっこ良すぎですね〜!

 

 

一昨年も優勝したこのフィールド、

 

実はその時の動画にも数秒だけシルエットが映っていた「あるルアー」に注目していました。

(※その時はルアー名が公表されていなかった様に思います。)

 

強めのカバーにすり抜けの良いスレンダーなボディと、

 

ブリブリっとした厚めのテールで1980年代のびわ湖でも大活躍したあのワーム..

 

そう、「Gater Tail (ゲーターテール、昔はDITTO社製でしたね)」です。

 

 

 

 

このテールの厚みとボディのへこみ、

 

[his stash of]と書かれていますし多分..ヘンテコなパッケージに入った1980年代モノに間違いなしですね!!!笑

 

 

今回の優勝の決め手になった最終日の9ポンドも、

 

このローカルベイトでありました。

 

 

https://video.bassmaster.com/detail/videos/latest-videos/video/6000529775001/live:-clunn-s-final-day-giant?autoStart=true

 

 

今回はピッチンスタイルでしたが、

 

一昨年の優勝はびわ湖で流行したスイミングワーム(決してマキマキとは言わなかったです。笑)テクニックそのものでした。

 

テキサスリグスタイルでウィードを「抜いてくる感覚」のワーミングは、

 

後にビッグワグや5in1ワームにお株を奪われた感はありましたが、

 

元々はこのゲーターテール7インチでのセッティングで広まったと記憶しております。

 

 

三十年の時を経てもイイモノに変わりはありません。

 

しかし、隠し持っていたところが何ともニクイ♪

 

きっとこの日が来ることを分かっていたのだと思います。(宇宙から来ていますので。ははは)

 

使いどころ出しどころのタイミングを見極められるのも経験の成せる技であり、

 

これぞバスフィッシングという気がします!

 

 

 

 

ルアーやテクニックもそのルーツを辿ることが出来れば。

 

新しい時代を迎えても彼のように、変わることなく、

 

より深い楽しみや魚との出会いに繋がると感じた出来事でした(^^)

 

 

<追記>

当時、このゲーターテールには「オキチョビスペシャル」というカラーがありまして。

フロリダの匂いがする?このネーミングにノックアウト♪笑

アメリカから取り寄せ、びわ湖でホンマによく釣らしてもらったのを覚えています。

どんなカラーかって〜??それはナイショにしておきましょうか(//▽//)

 

 

 

こんばんは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

先週は大阪での展示会から続けて〜。

 

 

懇親会も盛り上がりましたねー♪


 

フィッシングショーOSAKA2019へと続く約1週間、

 

沢山のバイヤー様とユーザー様とお話することが出来ました!

 

 

 

 

 

 

 

遂に登場した強化型のランディングツール、

 

沖縄のBoggyさんから四月発売予定です!

 

このアイテムでスムーズなランディング&リリースが可能になりますので、


弊社が提案するライトカバーゲームのバランスタックルが完成しそうです♪

 

店頭で是非その張りと軽さやコンパクトさを確かめていただきたいデス。

 

 



横浜に続いて大阪にも、


新潟から参加いただきましたHさん。

 

 

 

 

忙しい中ブースまで来ていただいて、


ランディングシャフトを振り回していただいた濱本さん。笑


 

 


エルが気になって…


岡山から来ていただいたTさんも。



友人や関係者の皆さんにも、

 

本当にたくさん弊社ブースに来ていただき感謝でございました♪(^ ^)

 

 

とにかく今年はひっきりなしにお客様に来ていただき、


ほぼ動けなかった三日間でしたが。


日曜日の僅かな時間だけ、

 

駆け足で気になるブースへ行ってみました。

 

 

 

 

 

 

ものすごいタイミングで強烈なセミナーに遭遇!笑

 

アキラさんもお元気そうで、


中野さんのオーラがすごかったです。汗

 

 

 



Yさんのスペシャルモデルが展示されていまして、


ちょっとダッシュしよかなぁと思ったり。🏃♂


 

 

 

 

 

 

もう一方のUOYAブースもGルーミスで賑わって、

 

よつあみブースではナゾノPEラインが注目されていました。

 

 

 

 

 

シマノブースはホンマに人の多さがヤバすぎで全く入る余地無し!

 

泉さん、嶋田さん、山木さん、奥田さん、お会い出来ず残念でした。

 

 

 

 

お洒落な車にすてきな「TALEX」のロゴを発見!

 

年々クルマ関係のブースも増えてきましたね〜。

 

 

 

 

昔からお世話になっているスミス社の友人達と。

 

みんな元気そうで、ナイスなPRADCOコンセプトブックと一緒に♪

(ヒロ内藤さん、お忙しいところありがとうございました。)

 

 

始まってみれば本当にあっと言う間に思える三日間、

 

神戸時代の友人達もたくさん来てくれて。

 

発表では来場者数が大台の6万人越えの大大大盛況ぶり♪

 

楽しくのどがカラカラなフィッシングショーOSAKA2019でありました。

 

 



毎年、皆さんのお気遣いにホンマに感謝しかありません。


ありがとうございました!!!!!


また来年も楽しみなフィッシングショーOSAKAでありますー♪ヽ(´▽`)/

 

・・・・・・・・・・・・・

 

<お知らせ>

 

今週末は同会場インテックス大阪にて、大阪オートメッセ2019が開催されます。

https://www.automesse.jp

 

 

ショーアップされた会場にちょーかっこいいクルマたちと、すてきなオネーサンたち♪

いつもお世話になっている「VLENE」さんと「フィッシングモンキー」さんも出展されています。

VLENE ⇒ http://www.vlene.com

フィッシングモンキー ⇒ http://www.tsurizaru.jp

昨年の来場者数はなんと、約22.4万人!!!

ご家族で行かれる方はお子さんの迷子には十分に注意してくださいね〜(^^)

 

 

 

 

こんばんは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

昨年、夢が叶った韓国雷魚釣行。

 

アテンドしていただいたのは30年来のお付き合いの南さん。

 

 

 

 

HOTS(ホッツ)というルアーメーカーの社長さんですが、

 

ご自身が積極的に釣り場へ足を運ぶ行動派♪

 

韓国アングラーと南さんがヒットされた雷魚を、

 

ラバーコートネットでランディング&リリースした時にそのコンセプトに共感していただきました。

 

 

帰国後も色々とお話させていただき、

 

南さんと繋がりの深い「Boggy(ボギー)」という沖縄系ブランドで、

 

ショア・ソルトウォーターフィッシングに使う強化型ランディングツールの構想があるとの事。

 

そして私達の雷魚フィッシングにおける重要なランディングツールのスペックが、

 

完全にそれらにマッチしているということが判明しました。

 

そして今シーズン、

 

いよいよ発売となるようです!!!

 

 

 

 

サンプルを南さんからお借りすることが出来そうなので..

 

今週末のフィッシングショーOSAKA2019にて弊社ブースに展示することになりました。

https://www.fishing.or.jp/

 

 

(※3号館 3-FishArrow/UOYAブース内に出展致します。)

 

 

ちなみに新しいランディングネット&シャフトは、

 

「Boggy」ブランドにて販売されます。

(HPへのアップは後日のようです。https://boggy-japan.co.jp/

 

はい、弊社では販売致しません、ご紹介のみです♪

 

 

んん、なぜ??

 

 

リリースを前提としたルアーフィッシングにおいて、

 

このランディングツールのコンセプトから開発まで見させていただき、

 

「魚も人もタックルも安全なランディング&リリースが可能」になると思ったからです。

 

ライトカバー〜オープンウォーターエリアでの雷魚フィッシングに最適だと思いますので、

 

どんなシャフトやネットを使えばいいのか迷われている皆様へオススメ致します。

 

 

もちろん雷魚だけでなく、

 

タックルや魚にランディングの負荷がかかる2〜15kgクラスのターゲット全般..

 

ショアからの鯉、ナマズ、ブラックバス、シーバスや、

 

ボートからのブラックバス&シーバスにもボート内でシャフトがコンパクトに収納出来て快適だと思います!

 

 

ラバーコートネットによるランディング&リリースのコンセプトが、

 

きっと日本の魚達と永く付き合える道であると信じて今後も伝えていきたいと思います。

 

 

是非、現物をフィッシングショーOSAKA2019にてお確かめください。

 

はい、リクエストがあれば〜

 

 

(※前の小川へらいぎょ取りにぃ〜「オーイ」「アラ エッサッサァー」♪ 出典:安来節)

 

 

秘技「らいぎょすくい」もご披露させていただきます。笑笑

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。(^^)

 

 

追記:明日から大阪市内にて、問屋様での展示会です。

こちらにも展示&紹介をさせていただきます♪

 

 

 

こんにちは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

はじめてメキシコという言葉を意識したのは、もしかしたら。

 

乾さんがラガーシャツを着てドライビンググローブでかっこいいバスを持つ、

 

小学生の時に見たあの写真だったのかもしれません。

 

 

スミス社の玉越さん。

 

皆様ご存知のトップウォーターバスフィッシングの先駆者。

 

十代の頃に憧れつづけていたあのカタログや月刊フィッシングでしか

 

見ることができない方でした。

 

 

いい時代になりましたね〜。

 

メキシコと玉越さんを一度に拝見することが出来て。

 

津波ルアーズの元木さんと、

 

アカシブランドの明石さん、

 

リベラルアングラーズのシゲさんもご一緒の純粋なる釣り三昧が収められています♪笑

 

 

 

 

DVD「LEYENDA EN VAMONOS」と玉越さん

https://www.facebook.com/makietv/

 

 

僕はやっぱり、

 

一生に一度だけでも。

 

憧れたメキシコでバスフィッシングを体験してみたいです。

 

 

 

 

それ時が来るまでは何度も。

 

玉越さんと皆さんの笑い声を観つづけると思います♪(^^)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

株式会社スミス http://www.smith.jp/

津波ルアーズ http://tsunami-lures.com/

アカシブランド http://www.akashibrand.com/

 

 

 

こんばんは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

さて来週末はフィッシングショーOSAKA2019です。

 

準備であちこちドタバタしていましたら、

 

4月半ば〜末リリース予定しているNEWアイテムサンプルが到着。(間に合いました!)

 

フロッグチューニングをサポートする二品をご紹介致します。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

FINESSE EZ(イージー)チューニングシステム

 

「J.I.B. EZ(イージー)ウェイト・リアバランス」

 

 

<スペック>

3g:1pk・5個入り(付属品・シールドパイプ10本入り)販売予定価格・¥600

4g:1pk・5個入り(付属品・シールドパイプ10本入り)販売予定価格・¥650

5g:1pk・5個入り(付属品・シールドパイプ10本入り)販売予定価格・¥700

 

雷魚用中空フロッグに使われているWフックに対して、後方重心にウェイトをセットするのは悩ましいところ。

 

 

Wフックに付属のシールドパイプをセットして、そこにEZウェイトリアバランスをはめ込み瞬間接着剤で固定。

 

 

どなたでも簡単にセッティングすることが出来ます。

ボディサイズや浮力バランスを考慮して、ウェイトは3サイズからお選びください。

 

例えば..弊社清水代表が溺愛する「コヨーテJr.」に「4g」を使うと。

 

 

完成時の総重量が約17.0〜18.0g(ボディウェイト個体差によります)となり、

LWSシリーズロッドならば40〜50mラインを狙うことが可能となります。

(※リール、ライン、キャスティング技術とのバランスが整えば、決して難しい距離ではありません♪)

 

 

「J.I.B. EZ(イージー)ダンパー」

 

 

<スペック>

1pk・EZダンパー 2本入り(付属品・熱収縮チューブ2本入り)

販売予定価格・¥500

 

雷魚フロッグチューニングで、ある意味最も重要なボディのズレ防止対策。

フックをボディに沿わせた絶妙なセッティングであっても、ボディノーズ部がリグからズレるとフックポイントにボディが刺さるトラブルが発生し易くなります。それを防ぐ為にノーズ部外側にスレッドを巻く..でもそれだけでは、このトラブルを完全に防ぐことは出来ないでしょう。

 

雷魚フロッグの金属製リグにハードPVC製「EZダンパー」をセットし、付属の熱収縮チューブでカバーすることにより、ボディノーズ部内側に「しなやかな壁」を設置。

この壁がボディ内壁に密着し抵抗となり、ボディのズレ防止をより強力にサポートします。


 (※ボディにセットすると、EZダンパーはリグ後方でしっかり止まります!)

 

更にノーズ部内部を接着固定、従来通りにノーズ部外側にスレッド等を巻き込めば完璧です。

また、EZダンパーは3mmピッチでスリットを入れていますので、

 

 

あらゆるフロッグのサイズ&リグに合わせてカットしてお使いいただけます。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

 

ユーザー皆様の声から少し手間取る部分にフォーカスして、

 

より「簡単に確実に、早く美しく」出来るチューニングサポートグッズをリリースさせていただきます。

 

来週末のフィッシングショーOSAKA2019でも展示予定ですので、

 

是非ご覧くださいませ。

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。m(_ _)m

 

 

 


ban_finesse.png
フィネス公式サイトはこちら

Latest Entry

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< 2019年02月 >>

Archive

Search

Mobile

qrcode

Profile

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM