こんにちは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

先日各ニュース等で報道されました、

 

「国土交通省は2018年2月1日、本年2月からプレジャーボートや漁船など小型船舶の乗船者にライフジャケット(救命胴衣)の着用を原則義務化することを決めた。」

「国交省は同日、小型船舶操縦者法に基づく省令を改正し、来年2月から施行する。対象は小型船(20トン未満)の乗船者。乗船者にジャケットを着用させていない場合は船長に違反点数2点を科す。周知期間が必要なため、点数を科すのは2022年2月からで、それまでに違反が見つかった場合は現場で着用するよう指導する。」という記事。

 

先週末のFショー横浜にも出展されていた、

 

海上保安庁さんへこの件について聞いてみました。

 

「2022年2月までは、現在使われている各種ライフジャケット等を継続的に使用する事は、自己判断によります。」

 

「ただし、2019年2月以降2022年1月末日までは減点を科さないだけであり、違反者である..という状況になります。」

 

という説明をしていただきました。

 

 

もう既に多くの方がご存知の通り、

 

「桜マーク、型」の入っていないライフジャケット等では2018年2月より小型船舶操縦者法違反者となるようです。

 

この表記が明確でないもの(表記はあるけど擦れて判明出来ない場合=NGのようです。)も含めて、

 

2022年1月末までには違反者で減点を科せられないような対策..

 

つまり持っていない方は購入しといた方がいい、という事になると思います。

 

 

施行までに色んな意見が出てくると思われますが、

 

地球上において日本国内のみのローカルルールだと考えてみようか、と僕は思っています。

 

 

 

 

現在バスフィッシング等で使っている日本のルアーメーカー「SMITH社」のインフレータブルジャケット。

 

左胸側を開いてみましたら..

 

 

 

 

バッチリマークが表記されていました、大丈夫ですね!!

(※もちろん、定期的にボンベ等のチェックも忘れずに。)

 

乗合船等も含めた小型船舶免許が必要なボートフィッシングでは今後必須となりますので、

 

皆さんも是非ご自身のライフジャケット等の「桜マーク、型」を確認してみてください。

 

 

もしも、「桜マーク、型」という表記が見当たらない場合は。

 

まずは釣具屋さんに相談していただき、

 

今から2022年1月の購入へ向けてライフジャケット貯金はいかがでしょうか♪

 

何よりも安全第一で釣りを楽しみたいですね。(^^)

 

 

 


ban_finesse.png
フィネス公式サイトはこちら

Latest Entry

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< 2018年08月 >>

Archive

Search

Mobile

qrcode

Profile

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM