こんにちは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

年に一度の世界ナンバー1を決める、

 

世界最高峰のバストーナメント「B.A.S.S. バスマスタークラシック」

 

のべ何万人ものトーナメンターが世界中で戦い、

 

出場できるのは僅か50余名。

 

 

アメリカのツアープロアングラーだけではなく、

 

実は日本のアマチュアアングラーにもその出場のチャンスが存在します。

 

 

 

 

昨日、B.A.S.S.日本支部「バスオブジャパン」トーナメントで戦い選出された二名が、

 

アマチュアアングラーのクラシックと呼ばれる「ネイション・チャンピオンシップトーナメント」へ向けて出発しました。

 

 

https://www.bassmaster.com/news/lake-hartwell-set-host-bass-nation-championship

 

 

 

ボーター部門:片岡選手

 

https://www.youtube.com/watch?v=xX1MYXlPBbc&feature=youtu.be

 

 

コ・アングラー部門:甲佐選手

 

https://www.youtube.com/watch?v=ho6ER96uD_w

(※上記、バスオブジャパンHP http://www.japanbassnation.com/index.html より)

 

 

このチャンピオンシップにてTOP3に入れば、

 

世界中のトーナメンター憧れのバスマスタークラシック(2018年度開催)への出場権を得ることが出来ます!

 

 

さて、お二人がどのような釣りを展開されるのか?

 

今回の開催地は、サウスキャロライナ州とジョージア州にまたがる「Lake Hartwell」

 

 

 

 

僕はB.A.S.S.エリートシリーズ毎試合を、

 

ナビオニクス(Navionics https://webapp.navionics.com/?lang=en#boating@2&key=qyffFn%60bwQ)でシュミレーションしています。

 

 

※マジ、楽し過ぎる湖沼図です!!

 

 

スポットや釣り方を予測して、

 

エリートシリーズLIVE中継を見ながら

 

「なるほど〜〜〜♪」とか「やっぱりなぁ。」と独り言をつぶやくのが楽しみです。笑

(※完全にオタクですね=。前回のネイションチャンピオンシップのLIVEは、ウェイインのみでした。)

 

 

来週の19日〜21日の三日間、

 

ネイションチャンピオンシップの紹介をさせていただきます。

 

がんばれ〜片岡選手、甲佐選手〜!(^^)v

 

 

<追記>

今回も、日本で勝手に「妄想参戦!チャンピオンシップ」を楽しんでみます♪

 

 

 


ban_finesse.png
フィネス公式サイトはこちら

Latest Entry

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< 2017年12月 >>

Archive

Search

Mobile

qrcode

Profile

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM