こんばんは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

今年も釣りに行く機会がなかなか作れなくて、

 

「練習あるのみ」の初心を取り戻すために。

 

ほんのひととき昔のように、

 

ルアーフィッシングの基本動作「投げて巻く」ために。

 

お休みをいただきました。

 

 

午前5時間、午後の5時間だけですが。

 

投げて巻くと、様々な情報が体に伝わってきます。

 

終了間際になると、力みのない心地よいキャスト感が少し蘇ってきました。

 

基本の動作が無駄なく出来る様に、身体にしみ込ませること..

 

銀山湖や加古川、琵琶湖に通っていた頃にも、

 

各地の野池で雷魚ロッドを振り回していた頃も、

 

その感覚こそが僕の釣りには一番大切。

 

ルアー本来の能力を引き出せるのだと、思っています。

 

 

(沖堤食堂に準ちゃん、ご来店♪)

 

 

 

(巨ボラさんのファイティング講習、厳しかったデス。汗)

 

 

渡船のお迎え直前にラストチャンスが訪れましたが、

 

まだまだ修行は全く足りていないみたいです。

 

 

 

 

偶然、ご一緒させていただいたアングラーの皆さん。

 

楽しい釣りを、ありがとうございました♪

 

また、フィールドでよろしくお願い致します。(^^)

 

 

 

追記:「久々にセビってみました。」

 

朝一番、マイワシの一陣が目の前を通過。

巻きのルアーで反応させること出来なくて、遠ざかる群れにラストチャンスのTWを..

離れていた友人にも聞こえる程の豪快なアタック音!

ルアーを抑え込むために身を翻して水柱も豪快に上げてくれたグッドファイター。

 

 

お題の「巻きで一発」ではなかったのですが、嬉しい感謝の一匹でありました♪