こんにちは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

少し長めのお盆休みをいただきまして、

 

今日から業務へ復帰♪

 


そして..早々の友人のリポートに、

 

ビックリ!!の朝でございます。

 

 

・・・・・・・・・・

 

 

皆様おはようございます

お盆にゆっくりされている方ばかりと思いますが、ワタクシめご近所のN島さんと釣りに行きました。

良い魚が獲れましたので写真送らせて頂きます。

 

 

 

 

62センチ 4370g

ウェイトでの自己記録更新です

 

 

 

 

裏セミ玉越校長よりいただきました、

 

アメリカ土産プラグに出ました
 

 

 

 

今年は出来過ぎで怖いです…。笑

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

もう、間違いなく。

 

大物に引き寄せられている感じがしますね〜。

 

ちょー羨ましいです♪♪

 

 

びわこのポテンシャルは計り知れません。

 

あなたの次の一投に、

 

そのチャンスがあると思います。

 

 

是非機会が有れば、

 

皆さんも挑戦してみてくださいね〜。(^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

先日愛知県で行われました、

 

「第16回スネークヘッドコンペ2017」

 

たくさんのアングラーとお話させていただきましたが、

 

中でも三重県からお越しいただきましたN村さん。

 

長きに渡りライギョフィッシングを楽しまれている、

 

いわば僕と同世代アングラーさんでした♪

 

チューニングやセットザフックのお話など、

 

かなり盛り上がりましたねー。

 

そして..今週初めに写真とリポートをいただきました。

 

 

・・・・・・・・・・・

 

お疲れ様です。

 

先日は大変楽しい時間を過ごさせていただきありがとうございました。


先週末、サイズはそこそこですが、

 

 

 

 

マットブラックのDカップで、

 

快心のアタックを取ることが出来ました。

 

 

 

 

しかし..残念ながらスィープな合わせがイマイチ体得出来ていませんが(汗)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

 

N村さん、リポートありがとうございました。

 

快心のアタック!いいですネ〜。


スィープフッキング、ムズカシイですよねー。

 

僕もいつも試行錯誤しております。笑

 

 

スィープフッキングは滑らかで丁寧な動作によって、

 

浅掛かりを減らす事を目的としています。

 

つまり深くフックが刺さると考えています。

 

 

激しいフッキング動作よりもフック、ライン、ロッド、リールに急激な負荷が掛かりにくいので、

 

破損等のトラブルが少なく更に魚を手前に飛ばすことが少なくなります。

 

つまりラインスラックが出にくい為、

 

フックアップから無理なくファイトが同時進行していきます。

 

それは、ロッドが常に適度なベンディングカーブをキープする為にバラシが少なくなる..というメカニズムです。

 

 

そしてもうひとつ、

 

衝撃度の高い急加速的なフッキングと対照的なスィープフッキングのメリットは?

 

「フッキング時の過度の衝撃や負荷を、魚に与えにくいのでは?」という点です。

 

 

皆さんが愛してやまない魚達へのリリースへの配慮や丁寧さは、

 

他魚種のアングラーも学ぶべき姿勢だと思います。

 

では、フッキングしたり、

 

ランディングをする際の配慮はいかがでしょうか?

 

 

どんな事にも定説等はあると思いますが、

 

鵜呑みにすることなく試す勇気で新しい道が拓かれることがある事は、

 

皆さんにもご経験があるかと思います。

 

経験に基づいた「状況に合わせたタックルバランス」や、

 

リリースと同じスタンス..丁寧な配慮を前提とした「フッキング」「ランディング」について

 

今一度考えていただければと思います。

 

 

皆さんがご自身で色々と「試して探す挑戦をする事」こそ、

 

ルアーフィッシングの醍醐味ではないでしょうか。

 

答えはいつも一つではないのでは?と思い、彷徨い続けています。m(_ _)m

 

 

 

<追記>

ランディング&リリースについてはライギョフィッシングだけの知識ではなく、リリースを前提とした他魚種(へらぶな釣りや国内外のフライフィッシング特にトラウト類)では一体どのようなランディングをされているのか?もし、魚に触れる際にはどんな事に気をつけているのか?を知っていただくことも今後に役立つかもしれません。時間のある時に是非一度、検索していただければと思います。

 

 

こんにちは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

 

先月行われました「スネークヘッドフェスティバル2017」

 

わざわざトルコ共和国から帰国され参加していただいたAさんご夫妻。

 

その時に弊社代表の友人Hさんと意気投合されたみたいで..

 

6月帰国の際に、再会されたみたいです♪

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

お世話になります

 

 

梅雨なので、予報は雨のち曇り時々晴れみたいな微妙な感じでしたが。

 

バイラム休暇を利用して帰国しまして折角の休日なので、

 

スネフェスでお会いしたHさんの地元へお邪魔して来ました。

 

実は20数年前に行ったことがあるフィールドで、

 

更に当時と変わらないロケーションにビックリ!

 

魚もフレッシ ュでフロッグを見つけると勢いよくバイトしてくれます。

 

ただし、元気が良すぎてフッキングに苦労しました。

 

 

 

 

2日目はフィールドを移動し、

 

旧河川のヒシとオープンエリアで呼吸する魚をサイトで狙います。

 

ここは少しプレッシャーが高いのか?中々口を使ってくれません。

 

しかしタイミングが来ればと、信じて、キープサイト(笑)

 

そして、その時が来てくれました。

 

ヒシのエッジに現れた奴にコヨーテJrをキャスト。

 

着水後のワンアクションで反応させ次のアクションでバフッと捕食音が響きます。

 

 

 

 

ヒシを蹴散らし暴れる奴を抑えつけキャッチしたのはヒレの大きいグッドサイズでした。

 

その後、嫁も同様のパターンでビートルを使いキャッチに成功。

 

 

 

 

魚は沢山は釣れませんでしたが、

 

残された自然と美味しいラーメンと素晴らし仲間と楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 

Hさん、D君、色々とありがとうございました。

 

 

今回、二人共「アナコンダ LWS-70M」を使用しましたが、

 

 

 

 

バットパワーが十分あるのでヒシのフィールドでも綱引きではなく、魚とのファイトが楽しめました。

 

 

 

 

ロッド:アナコンダLWS-70M

リール:タトゥーラHDカスタム

ライン:PE7号

フロッグ:コヨーテJr、ビートル

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

Aさんご夫妻へ

 

すてきなリポート&写真、いつもありがとうございます♪

 

スネークヘッドフェスティバルの最も大きな意義である、

 

「アングラーの輪、絆が深まり、釣りが更に楽しいものとなり、次世代へ繋がる」ことが、

 

実践されていることが素晴らしいと思います。

 

感謝申し上げます。m(_ _)m

 

 

釣りを、ライギョフィッシングを楽しむアングラー同士が協力し成しえる「スネフェス」&「スネコン」

 

これからも素敵な出会いがたくさん生まれることを願っています。

 

 

 

こんにちは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

先日の「スネークヘッドフェスティバル2017」の為に、

 

遥かトルコ共和国から約13時間かけて日本へ帰って来ていただきましたA井さん夫妻。

 

フェス終了後に短くも楽しい時間を過ごされたみたいデス♪(^^)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

スネークヘッドフェスティバルお疲れ様でした。

 

会場でも色々とお世話になり、ありがとうございました。

 

 

スネフェスで清水代表よりタックルバランス、アプローチ、アクション等、色々なアドバイスをいただき

 

会場の熱気そのままに翌日は日本の雷魚釣りを楽しんで来ました。

 

 

ヒシが生え始めるこの時期、ほとんど生えてないエリアから一枚敷きまで、

 

同じ池でも場所による差がでます。

 

今回は、パラヒシと一枚敷きで活性の高いライギョを狙う作戦です。

 

気温が上がりはじめ彼等が、カバーに寄り添います。

 

パラヒシの隙間に見える黒い影の頭の向きを確認して、コヨーテJr を撃ち込みます。

 

カバーを味方につけ違和感なく彼等の射程距離までコヨーテを走らせると良い反応で捕食体制に、

 

ヒシをブラインドに喰わせのアクションに切り替えると、ボフッと捕食音が響きます。

 

ラインスラッグをとりスイープに強く合わせる、

 

アナコンダ70Mが最初のヘッドシェイクをいなし、ベンドをキープしながらヒシに絡んだライギョを寄せます。

 

ランディング直前でもう一度暴れるが、ロッドが追従し今日一の魚をキャッチ。

 

 

 

 

 

 

このポイントでは妻と二人で3本釣ったので次のポイントへ。

 

 

次はある条件を満たしたヒシ一枚敷きのポイント。

 

気温も上がって少し風が吹き出してきたので、彼等が捕食に入ってきていると予想し、

 

タンク・アナコンダJrをキャス ト!

 

すると一投目からバイトがでます。

 

喰い損ねたのでフォローを入れると待っていましたと深いバイト。

 

 

 

 

続いてタンク・アナコンダオリジナルで更にアピールすると、飛んできてバイト。

 

距離があったので、ストロークをとったスイープフッキングを決めます。

 

 

 

 

ここでは、タンク・アナコンダオリジナルの圧倒的なアピール力が

 

魚にスイッチを入れ連続バイトを引き出してくれました。

 

 

今回もサイズは出ませんでしたが

 

状況に合わせたポイント選択とその釣り方(自分のスタイル)に合ったタックルを使い

 

ライギョ釣りを楽しみました。

 

ロッド:アナコンダLWS-70M

リール:タトゥーラHDカスタム

ライン:PE7号

フロッグ:タンク・アナコンダ、 タンク・アナコンダJr、タンク・コヨーテJr、NSP

 

 

 

 

曲がって、軽く、強いこのロッドが、

 

キャスト、フッキング、ランディングをサポートし、

 

この釣りの楽しみを更に深いものにしてくれます。

 

ポイントの選択もですが、タックルの選択も大事ですね。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

 

もうホンマに。

 

毎回毎回のうらやましい〜画像アンドリポートでございます!

 

奥様も的確にキャッチされているのが、すてきですね〜♪

 

貴重な日本での時間にフェスに来ていただけた事を知って、

 

改めまして感謝申し上げます。

 

また日本で、安全に釣りを楽しんでくださいねー。(^^)v

 

 

追伸:どうも「ヤツ」は匂いを嗅ぎつけているのか?

 

 

お土産ありがとうございます。

長女が近日、帰って来るそうです♪爆

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

今朝は珍しく本降りの雨でしたね〜。

 

GW以降は夏の様な陽射しが続いていますが、

 

すてきな釣行リポートが届きました!

 

 

・・・・・・・・・・・・

 


GW頃から雷魚フィールドには沢山人が見られるようになり


カバーも順調に生育していましたが...


減水中にカバーが生育し、その後に水没してしまったところも!?


そういうところは今もパラ菱のところがありますので。


まぁ、何とかボチボチ釣ることが出来ています♪

 

 

 


冬の間、水が抜けていたフィールドでもまずまずサイズが釣れたり(^o^)


みっちり「アナコンダL.W.S. 70M」を使い込んでいます!

 

 

(※フォックス、しっぶいカラーでございます♪)

 


これから暑さも増し、体力的にも厳しくなってきますが、


頑張って沢山の雷魚と戯れたいと思います☆


ROD / ANACONDA L.W.S. Light Weight Shooter "M" AN-LWS70M
FROG / TANK.COYOTE Jr , TANK.FOX

 

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

 

フィールドコンディションの変化が激しい五月、

 

その変化に合わせて楽しむ術を持つベテランアングラー

 

キッシーさんのマイゲーム。

 

のんびりと..

 

しかし的確に狙っている感が伝わってきます。

 

 

これからのシーズンも様々なコンディションを、

 

皆様にもそれぞれのスタイルで楽しんでいただきたいと思います♪(^^)

 

 

 

<お知らせ>

 

さぁ、今年もやってきました〜!

 

 

<ルアーマガジン「釣りプラス」今村さんの記事から>

 

http://tsuri-plus.com/_ct/17074209

 

今年で7回目を迎えるイベントですが年々参加者が増えています。

これも漁協の方々やスタッフのみなさん、各ブースのみなさん、もちろん参加者のみなさんのマナーの良さの賜物です。これだけの人数が集まってもゴミ一つ落ちてないすばらしいイベントだと思います。

これからもこんな楽しいイベントを続けていって欲しいですね!

 

(※2016年出展者&スタッフのみなさん)

 

私、イマムラもスタッフとしてお待ちしております。『釣りプラス』を見た!!と言って頂ければ数量限定でステッカーを差し上げます。ルアマガオリカラ迷彩カラーのマグタンクも限定販売しちゃいます!

じゃんけん大会では子供達だけの商品もあったり、会場限定グッズやオリカラのフロッグ、ケバブも販売してますので、ご家族で来場しても楽しめるイベントとなっています。

ライギョアングラーのみなさん、こんな楽しいイベントもたまにはいかがですか?

・・・・・・・・・・・・・・

 

事前受付は、キャスティング南柏店さまへ。( 担当:小林  TEL:04-7142-7431)

 

当日受付もOKですので、お時間が合いそうだ〜と前日に分かってからでも参加可能ですよ!

 

各出展ブースを見ていただくのは、モチロン無料ですので。

 

是非、遊びに来てくださいませ♪(^^)

 

 

 

 

こんにちは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

海外赴任されているAさん。


春の帰国を楽しみにされていた様子が、

 

素敵なリポートから感じられますね〜♪

 

 

・・・・・・・・・・・

 

 

今年も一時帰国中に、
日本の休日を楽しんで来ました。
今回は「アナコンダ L.W.S. 70M」で、
シャローに刺してくる良型を狙い撃ちする作戦でしたが、
数日前の大雨で満水の池が多くライギョの活性も低い状況でした。
どこも満水の中..なるべく浅い池探しへ、
減水している池を発見し、なんとかシーズンインが出来ました。
サイズこそ出ませんでしたが(えぇ〜?エエ型ですよね〜。笑)、
キャストが決まるとライギョらしい捕食音が響き
楽しい休日を過ごすことが出来ました。
年々厳しくなるライギョゲームですが、
進化する道具と状況に合わせた釣りを展開し、
これからも楽しんで行きたいと思います。
ロッド:アナコンダ L.W.S. AN-LWS70M
リール:タトゥーラHDカスタム
ライン:PE7号
フロッグ:フォックス、コヨーテJr、黒魚Jr、NSP
・・・・・・・・・・・・・・・
Aさん、奥様、いい空と素敵なさかな達。
楽しんでいる様子が笑顔から伝わってきます♪
ほっとする和やかリポート、ありがとうございました。m(_ _)m

企業戦士アングラーの皆さんは、

 

やっぱり「日本のおだやかな釣り」への想いは特別なのでしょうか。

 

 

安全に自然を楽しめる平和な日本。

 

いつまでもみんなが自由に楽しめますように、

 

釣り場や人に感謝して釣りを続けたいと思います。(^^)

 

 

 

 

<お知らせ>

 

「出張!雷魚フィッシング相談所2017」

 

https://bunbun.in/event/26107/

 

中空フロッグを使ったトップウォーターでのライギョフィッシングは、フィールドに合わせたタックルバランスや、フロッグのチューニングなど・・様々な考察を具現化していき、試行錯誤していくその過程を存分に楽しむことが出来ます。特に「フロッグルアーのチューニング」により、独自のスタイルを反映させた“唯一無二、自分だけのフロッグ”を完成させ、ターゲットフィッシュに挑む事こそ、ライギョフィッシングの醍醐味!

フィネス営業部中川により、その基本を分かりやすく説明を加えながらライギョフィッシングの疑問難問?にお答え致します。

テクニカルでエキサイティングなトップウォーターゲームであるこの釣りにチャレンジしてみたいアングラーの皆さん、是非お立ち寄り下さい。

(※フロッグルアーを使った、ブラックバスのトップウォーターゲームについてのご質問も大歓迎です♪)

 

<開催日時> 

5月20日(土)つり具のブンブン堺店(大阪府堺市) 16:00〜20:00

 

<開催店舗様情報>

 

 

つり具のブンブン 堺店

https://bunbun.in/store/sakai/ 

〒599-8102 大阪府堺市東区石原町2-1-1

TEL 072-250-7550

FAX  072-250-7810

営業時間 10:00-22:00 (金土のみ23:00まで ※冬期のぞく)

大型駐車場完備

イベント担当:宮川

 

<イベント内容> 

1:フロッグチューニングに関するアドバイス。

2:お客様からのライギョフィッシング(バスのフロッグフィッシング含む)に関しての質疑応答。

3:フィールド別、タックル理論&アプローチの説明。

4:店頭商品の説明。

5:NEW&基本タックル(フロッグ、ロッド、BOX、小物)の展示。

 

 

 

 

 

 

<参加者特典(当日イベント時間内にてご購入いただいたお客様へ)>

1:弊社フロッグ関係商品お買い上げ合計金額 2000 円以上にて「FIN/JIBフロッグコンボステッカー」をプレゼント。

2:弊社ロッドご成約(予約可)時に「スペシャルグッズ」をプレゼント。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

イベントでは弊社釣りバカスタッフ:中川が担当させていただきます。

 

完全にオンシーズンとなる5月下旬、

 

実釣に役立つ雷魚専用フロッグのチューニングやリペアの方法などをお話出来ればと思います。

 

 

 

 

ライギョ&バスのフロッグフィッシングがよりエキサイティングとなることを願いまして。

 

釣行前のひととき、ちょこっとお立ち寄りいただければいかがでしょうか♪

 

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。m(_ _)m

 

 

 

 


ban_finesse.png
フィネス公式サイトはこちら

Latest Entry

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< 2017年08月 >>

Archive

Search

Mobile

qrcode

Profile

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM