こんにちは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

えっ?メバルがなんとか??

 

どうやら..トルコの言葉のようです!

 

仲良しAさんご夫妻、

 

帰国してからすてきな釣行をされたご様子です♪

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

メルハバ!

いつもお世話になります。

恒例になってきた一時帰国でのライギョ釣りに行って来ました。

 

なんと今回は同じタイミングで、清水代表と潤一さんも同じ地域に釣行すると言うことで、ご一緒させて頂きました。

お二人の釣りやお話は大変参考になり、タックルバランスの重要性やフロッグのアクション等、改めて自分の釣りに取り入れたいと思いました。

(※ご一緒と言っても、別々のフィールドをまわり、時々合流して、食事に行く感じです。)

 

そんな中、今回はサイトで活性の高いライギョを狙おうと思いましたが、寒い日が続いたり、

朝と昼の気温差が20℃近くあったりで、天候も安定せず。

ライギョのスイッチも入りづらく、オープンのサイトでは反応もうすくて、

口を使っても直ぐに放す状況なので、カバーに着くライギョをサイト狙う作戦に切り替えます。

 

すると、この作戦がハマり良型を含め数本のライギョをキャッチすることが出来ました。

この釣りはフロッグを落とす位置、ラインのコースが重要でキャスト精度が求められます。

またカバーの際に着く魚を撃つのでフッキング後のファイトも簡単ではない、

成立させるためにはそれなりの腕とバランスのとれたタックルが必要です。

 

 

 

 

今回のケースでは、着水位置が近すぎると口を使わなかったり、

少し離してもラインで違和感を与えてしまっても口を使いませんでした。

フッキングからファイトでも注意が必要で、フッキング位置も際で手前がオープンの場合、アワセによっては魚が飛んでしまったり

薄いヒシから抜けた瞬間の首振り、岸際のアシへの突っ込み、横喰いや片掛り時のファイトなど

これらを高次元で行うことで、キャッチ率は相当に上がります。

 

 

 

 

アングラーの技量も必要ですが、なんと言ってもタックルがカバーする部分が大きいですので、

この武器を活かしてこれからも少ないチャンスをモノにしていきたいと思います。

 

そして今回も、気の合う仲間と平和で美味しい食べ物が沢山ある日本で、存分にライギョ釣りを楽しむことが出来ました。

清水代表、潤一さん、N野さん、H野さん、Dくん、有難う御座いました。

 

ロッド:フィネス・アナコンダLWS-70M、LWS-76M

リール:ダイワ・タトゥーラHDカスタム、アブ・ビッグシューター

ライン:バルゴス6号、7号、ファイヤーライン7号

フロッグ:フィネス・コヨーテJr、コヨーテ、フォックス、黒魚Jr、

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

いや〜、いつもながらの状況判断の速さ。

 

そしてアジャストする経験値と技術がすごいですね〜♪

 

 

 

 

奥様も皆さんもきっちりとナイスフィッシュされていまして、

 

もう楽しいーに決まっています。笑

 

 

 

 

緑にあふれる写真とリポートいつもありがとうございます。

 

豊かで平和な日本の自然の中で、釣りを楽しめるってしあわせですよね。

 

 

 

 

また、ご帰国の際は是非ぜひナイスフィッシング〜(^^)v

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

完全に夏になりましたかね〜?笑

 

暑いと思える五月中旬に、

 

ナイスリポートが届きました♪

 

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

5月に入りましたが肌寒い日が続き、

魚のヤル気スイッチもoffのような感じだったのではないでしょうか。

日曜日の雨も上がり、
天気予報では気温もあがる予報なので夏の香りを求めてフィールドへ出掛けてきました。


菱も少しづつ生え始め期待を胸にフィールドへ。
暫く状況観察して沖の切れ目に渾身の一投!

コヨーテjrがやさしく着水してワンアクション、そしてツーアクション…バフッ!
最高のアタック音を響かせてくれました。

 

 

 


アナコンダLWS70Mのしなやかなティップでヘッドシェイクをしのぎ、

ベリーからバットのトルクフルな粘りで魚を寄せ無事にランディングできました。
素敵な魚と出会えさせてくれたタックルに感謝です。

いよいよ夏!楽しい釣行を致しましょう。(注:まだ夏ではない気がしますがぁ。笑 by N)

 

 

 


<タックル>
ロッド…フィネス・アナコンダAN-LWS70M
リール…シマノ・カルカッタコンクエスト200HG

ライン…よつあみ・バルゴス5号(80lb.)
ルアー…フィネス・タンクコヨーテJr.

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

 

いい陽射しと緑が深くて、

 

いいサカナにとても良く似合いますね!

 

Tさん、いつもありがとうございます。

 

 

さぁ、これで益々フィールドへ出掛けたくなりますね〜。

 

またのリポート、お待ちしております(^^)

 

 

 

おはようございます。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

先週から暑い日が続いていますので水温も上昇し、

 

サカナや水草たちも日毎に元気になってきたみたいデス。

 

 

・・・・・・・・・・・


先日、ちょこっと雷魚フィールド巡りをしましたが、


ボチボチとカバーがええ感じになってきてました〜!

 

 

 

 

 


ROD / ANACONDA L.W.S. Light Weight Shooter "M" AN-LWS70M
FROG / TANK.COYOTE Jr , TANK.FOX

 

 

・・・・・・・・・・・

 

 

キッシーさんからの季節感たっぷりリポートが届きました。

 

いつもありがとうございます♪

 

 

GWを前に、

 

いよいよ水面が命溢れる緑色に変化し始めてきたようです。

 

 

雷魚や小さなサカナやエビたちも、

 

動きやすく隠れやすい..けどまだ隙間がいっぱいですから。

 

観察するのにもいいシーズンであります。(^^)v

 

 


 

こんにちは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

9月に入って初めての、

 

ユーザーリポートが届きました。

 

いつも羨ましくなる、

 

仲良しご夫婦フィッシングのはじまりはじまり〜♪

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

お世話になります。

 

今年もスウェーデンにパイクを釣りに行って来ました。

 

 

トルコ・イスタンブールよりオランダ・アムステルダム経由で

 

スウェーデン・リンシェーピング空港に着くと、

 

「Sweden predator fishing」の看板を持ったガイドのアラインが出迎えてくれ

 

先ずは街の釣り具店に連れて行ってくれました。

 

 

 

 

スイムベイトやパイク用のビックベイトが沢山あり、

 

 

 

 

 

 

一日いても飽きそうにありません(^^♪

 

ウキウキ気分で買い物を終えてレジをすますとアラインが小さなワームを買い込んでいました。

 

嫌な?予感がしましたが..あえて聞かずにいてますと。

車で移動中に前線の影響で北風に変わるので、あまり良くない状況と説明され

 

更にパイクが釣れなくてもパーチが沢山釣れるよ、ワームも買ったし!だそうで。

 

嫌な予感は的中しました。w

 

 

また昨年はリリーパッドでのフロッグゲームがはまったので、

 

タックルをアナコンダLWS-76LとLWS-70Mを準備していたのですが、

 

残念ながら今年はリリーパッドが無いエリアでの釣りとなってしまいました。

 

こちらの休みに自然も魚も合わせてくれないのは慣れっこなので、

 

シャローで魚の居るエリアを見つければ何とかなる位の気持ちで初日は出船したのですが。

 

底藻が繁茂するシャローエリアも入ると、

 

小型ながら入れ食いとなり数釣りを楽しむことが出来ました。

 

 

 

 

シンキングルアーを水面直下でアクションさせてバイトに持ち込み、

 

底藻からパイクを引きづり出すのにLWS-76Lのレングスとパワーが活躍し、

 

 

 

 

 

 

面白い様にパイクをキャッチすることが出来ました。(二人で30以上の釣果でした)

 

 

二日目、三日目は予想された北風が強くなり、

 

一日目とは打って変わって釣れなくなりましたがアシ際や藻の切れ目や岩の際を狙い撃つと、

 

口を使う魚がいたのでこの釣り方にもLWS-76Lのアキュラシーが活躍してくれました。

 

 

 

 

厳しい状況でしたがワームでのパーチ釣りをすること無く、

 

三日間パイク釣りを楽しむことが出来ましたが目標のメータ ーオーバーを獲ることは出来ませんでした。(結局数は60数匹)

 

 

 

 

今回でフロッグゲームの確立とメーターを獲ってパイク釣りは終了と思っていましたが、

 

目標達成出来ませんでしたので。

 

機会があればまた挑戦したいと思います。(それだけ面白い釣りです!)

 

やっぱりライギョマンがはまる釣りなので、

 

機会があれば皆さんも是非挑戦してみて下さい(^^)/

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

釣りを本気で楽しみながら、

 

奥様との素敵な時間も過ごせるのは。

 

恐らく全世界の妻帯者アングラーの夢ではないでしょうか?笑笑

 

 

思惑とは違ったフィールドコンディションも楽しんでしまいながら、

 

ターゲットを仕留める心の強さがホンマにすごいですねー。

 

奥様も腕利きのアングラーであることも、

 

これまた素晴らしい〜。

 

美しい景色とサカナとすてきな釣りの風景と、

 

臨場感あふれるリポートをいただきありがとうございました。

 

 

日本はもうすぐ秋の盛り、

 

ライギョシーズンも終盤になろうとしています。

 

Aさん&奥様のセカイ各地での楽しい釣りを、

 

また是非ご紹介いただければと思います。(^^)

 

こんにちは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

少し長めのお盆休みをいただきまして、

 

今日から業務へ復帰♪

 


そして..早々の友人のリポートに、

 

ビックリ!!の朝でございます。

 

 

・・・・・・・・・・

 

 

皆様おはようございます

お盆にゆっくりされている方ばかりと思いますが、ワタクシめご近所のN島さんと釣りに行きました。

良い魚が獲れましたので写真送らせて頂きます。

 

 

 

 

62センチ 4370g

ウェイトでの自己記録更新です

 

 

 

 

裏セミ玉越校長よりいただきました、

 

アメリカ土産プラグに出ました
 

 

 

 

今年は出来過ぎで怖いです…。笑

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

もう、間違いなく。

 

大物に引き寄せられている感じがしますね〜。

 

ちょー羨ましいです♪♪

 

 

びわこのポテンシャルは計り知れません。

 

あなたの次の一投に、

 

そのチャンスがあると思います。

 

 

是非機会が有れば、

 

皆さんも挑戦してみてくださいね〜。(^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

フィネススタッフのエヌです。

 

 

先日愛知県で行われました、

 

「第16回スネークヘッドコンペ2017」

 

たくさんのアングラーとお話させていただきましたが、

 

中でも三重県からお越しいただきましたN村さん。

 

長きに渡りライギョフィッシングを楽しまれている、

 

いわば僕と同世代アングラーさんでした♪

 

チューニングやセットザフックのお話など、

 

かなり盛り上がりましたねー。

 

そして..今週初めに写真とリポートをいただきました。

 

 

・・・・・・・・・・・

 

お疲れ様です。

 

先日は大変楽しい時間を過ごさせていただきありがとうございました。


先週末、サイズはそこそこですが、

 

 

 

 

マットブラックのDカップで、

 

快心のアタックを取ることが出来ました。

 

 

 

 

しかし..残念ながらスィープな合わせがイマイチ体得出来ていませんが(汗)

 

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

 

N村さん、リポートありがとうございました。

 

快心のアタック!いいですネ〜。


スィープフッキング、ムズカシイですよねー。

 

僕もいつも試行錯誤しております。笑

 

 

スィープフッキングは滑らかで丁寧な動作によって、

 

浅掛かりを減らす事を目的としています。

 

つまり深くフックが刺さると考えています。

 

 

激しいフッキング動作よりもフック、ライン、ロッド、リールに急激な負荷が掛かりにくいので、

 

破損等のトラブルが少なく更に魚を手前に飛ばすことが少なくなります。

 

つまりラインスラックが出にくい為、

 

フックアップから無理なくファイトが同時進行していきます。

 

それは、ロッドが常に適度なベンディングカーブをキープする為にバラシが少なくなる..というメカニズムです。

 

 

そしてもうひとつ、

 

衝撃度の高い急加速的なフッキングと対照的なスィープフッキングのメリットは?

 

「フッキング時の過度の衝撃や負荷を、魚に与えにくいのでは?」という点です。

 

 

皆さんが愛してやまない魚達へのリリースへの配慮や丁寧さは、

 

他魚種のアングラーも学ぶべき姿勢だと思います。

 

では、フッキングしたり、

 

ランディングをする際の配慮はいかがでしょうか?

 

 

どんな事にも定説等はあると思いますが、

 

鵜呑みにすることなく試す勇気で新しい道が拓かれることがある事は、

 

皆さんにもご経験があるかと思います。

 

経験に基づいた「状況に合わせたタックルバランス」や、

 

リリースと同じスタンス..丁寧な配慮を前提とした「フッキング」「ランディング」について

 

今一度考えていただければと思います。

 

 

皆さんがご自身で色々と「試して探す挑戦をする事」こそ、

 

ルアーフィッシングの醍醐味ではないでしょうか。

 

答えはいつも一つではないのでは?と思い、彷徨い続けています。m(_ _)m

 

 

 

<追記>

ランディング&リリースについてはライギョフィッシングだけの知識ではなく、リリースを前提とした他魚種(へらぶな釣りや国内外のフライフィッシング特にトラウト類)では一体どのようなランディングをされているのか?もし、魚に触れる際にはどんな事に気をつけているのか?を知っていただくことも今後に役立つかもしれません。時間のある時に是非一度、検索していただければと思います。

 

 


ban_finesse.png
フィネス公式サイトはこちら

Latest Entry

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< 2018年05月 >>

Archive

Search

Mobile

qrcode

Profile

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM